10 | 11  (2017) | 12
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
プロフィール

Headpad

Author:Headpad
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Category: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 雑記
次の混乱を避けるために、根本的な節電のためにあえて情報制限・民間放送の制限を提言します
次の混乱は単なる「モノ不足」ではないようです。
電力不足が本当に致命的になる可能性がある。

今まで誰も経験したことのない「電気が足りない」という事態。


中越地震の時を思い出すと、今後の状況を予測できます。

状況が沈静化し出すと、だんだんテレビにタレントが出だす。

みのもんたさんが、テリー伊藤さんが、古館さんが、他局との差異化のためだけに
情に訴え、行政批判をし、お涙頂戴の「芸」を繰り出す。
今の民間放送各社が「競争主義」で番組を作り始めても、「他局よりオモシロイ番組を作らねば」という発想でしか動けないのではないでしょうか。CMを流し始めればなおさらです。

それはそれで、当該地域外の人たちはテレビエンターテイメントを楽しむことはできるでしょうが、今回は明らかにそんなことをしている場合ではない。

発電所がなくなる状況では、本当に抜本的な節電を考えなければならないはずです。


今、そんなことは誰も必要としていません。
被災地も。そうでない地域も。



電力会社や官庁の取材風景が生中継で放送されています。
記者の人たちの質問風景も、生中継でみることになっています。



これらの生中継をを見て、私たちはわかりました。

混乱を作り出しているのはマスコミだ、と。



海外メディアが伝えるように、日本人は非常時に際して冷静です。

東京電力の記者会見での無礼極まりないどこかの記者の、
「こんな発表では国民は混乱しますよ!」との恫喝とも取れる発言。

違うでしょう?
大変な状況になったって、われわれは冷静に行動しますよ。
中越地震のときはそうでしたよ。
私たちはれいせいでしたよ。

東北の方たちだって、きっと、大変な状況の中、冷静に助け合ってますよ。


騒ぎたいのはテレビマスコミのあなた方だけですよ。



現場・電力会社は、死ぬ気で作業をし、伝達・発表をしている。
その記者会見が仮に言葉たらずだったとしてもそれを補い、伝達するのがマスコミの役割でしょう?

その役割をテレビメディアに期待するのは無理なようです。



節電への協力だけを期待します。




民間放送の協議会みたいなものはないのでしょうか?
この期に及んで3つも4つも民放を流す必要はないでしょう。

個人のブログを自粛する云々よりも、巨大メディアが無駄な放送をやめることが抜本的な節電になるはずです。


放送メディアを制限すると、情報操作を許すことになる云々…などという、前時代的なことを言い出す人もいるでしょうが、いくつメディアがあっても、同じ情報が流れてくることは、ふだんテレビを見れいればわかること。


国難です。

メディア制限をしましょう。
間違いなく、だれも困りません。








スポンサーサイト

  « アートと経済と災害と日常と山下達郎と私。  抜本的な節電のため、民放テレビの放送中止を提言します »

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。