10 | 11  (2017) | 12
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
プロフィール

Headpad

Author:Headpad
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Category: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Jazz & Fusion
ジャック-ア-ダンディ / ザ・プレイヤーズ
a0016339_21354070.jpg
Jack-A-Dandy / The Players

2011年 126枚目 購入
駿河屋 940円
累計支出 113994円
一枚当たり 905円

1083年。「フュージョン・ミュージック」のよき時代。

鈴木宏昌 Kb.
ボブ・斉藤 Sax.
松木恒秀 Gt.
岡沢章 Bs.&Vo.
渡嘉敷祐一 Dr.

敏腕ミュージシャン集団からなる鉄壁のバンド。

1980年代の前半、日本テレビの土曜11:30に「今夜は最高!」というタイトルの、タモリ司会の音楽バラエティ番組が放送されていた。そこにハウスバンドのような形で出ていたのがこのバンドだ。


思い出してちょっと驚いた。
あまり記憶が定かではないのだけれども、毎回ゲストを交えてタモリとコントを繰り広げて、最後にゲストがザ・プレイヤーズの演奏をバックに歌を披露してタモリもトランペットを吹く…見たいな番組だったと思う。
今の、「堂本兄弟」みたいなね。
確か、一度だけ、ザ・プレイヤーズが自分たちの曲を演奏することがあった(と、思う。たしか、この番組だったと思う)。それがこのアルバム収録曲の「シルバー・バード」だ。
すごいなと思うのは、今でもその曲を覚えていることだ。
生涯でそのとき1回しか聴いたことがなくて、言っちゃ悪いが、そうたいしていい曲ってわけでもない。でもおぼえてた。ちょっと驚いた。


「コルゲンさん」こと鈴木宏昌氏は2001年60歳で他界されたそうだ。
知らなかったなぁ。

アルバムは、時代を反映してかリーダー鈴木さんの志向を反映してか、ウェザー・リポートっぽい曲が多数。
時代的にはこの後、カシオペアや浪速エキスプレス、スクエアなど、よりロックテイストを強めたバンドがフュージョン黄金期を形成するわけだが、このザ・プレイヤーズの安定した演奏力、フュージョンというよりは「クロス・オーバー」と呼びたくなる音に郷愁を感じる。

youtubeで「今夜は最高!」の動画を見つけた。
なつかしい。

モダン・ジャズ・オペラ。

http://youtu.be/Fh_4r8bXGbk


マリーン、かわいいね。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽的ひとりごと    ジャンル : 音楽

  « アーキオロジー / ザ・ラトルズ  激情ギターラ! / ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ »

Comments

こんばんは、
 ザ・プレイヤーズ懐かしいです。たまに六本木ピットインにライブを見に行ってました。
六本木ピットインも既にありませんが・・・(笑)
プレイヤーズのアルバムを楽天とかGEOでレンタルしようと思ってましたが、
置いてないんですよね。。。。うーん、残念。

コルゲンさんは、もう、なくられていたんですか。。。合掌!
• はじめまして!
六本木PIT-IN、なくなったんですかー。
東京にいたころに、香津美、ガッドギャング、MOBOⅢなどなど素敵なライブを見ました。
プレイヤーズの生をご覧になったとはうらやましいですよ!岡沢・松木・渡嘉敷って今考えてもゾクゾクしますね。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。