10 | 11  (2017) | 12
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
プロフィール

Headpad

Author:Headpad
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Category: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: New Age
激情ギターラ! / ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ

Rodrigo Y Gabriela / Rodrigo Y Gabriela

2011年 125枚目 購入
駿河屋 1520円
累計支出 113054円
一枚当たり 904円

アルバム・タイトル邦題、これはないでしょう。ダサ過ぎ、センスなし。

「y(イ)」はスペイン語の「and」。
Rodrigo Y Gabrielaは、ロドリーゴ・サンチェスとガブリエーラ・クインテロの二人、メキシコ出身の男女アコースティック・ギターデュオ。
2006年。
まずはライブを。



始まりはメキシコ・シティのメタル・バンドだったらしい。
限界を感じた二人は様々な音楽を学び海外に目を向ける。希望のアメリカ合衆国は入国許可が下りず心機一転アイルランドのダブリンへ向かう。

ダブリン?

われわれ日本人には唐突な印象だが、ダブリンは世界各地からミュージシャンが集まる音楽の都なのだそうだ。


…と、なんかバックグラウンドがそそるでしょう?
南米メキシコのへヴィ・メタルバンド出身→男女アコギ・デュオ→突如アイルランドでブレイク!
しかも解説にはあの亀淵昭信氏。




というほどにはイマイチ燃えませんでした。
曲がもうひとつだ。ワン・パターン。

アコースティック・ギター・アンサンブルといえば、わたくし世代はスーパー・ギター・トリオ。
アル・ディメオラ、ジョン・マクラフリン、パコ・デルシアの奇跡感動驚愕阿鼻叫喚吃驚仰天の印象が強過ぎ。


比べるのもなんだけれども、やっぱくらべてまうわなぁ。


しかしながら、カバー曲は聴き所あり。ツェッペリンの「天国への階段」。


ライブは見てみたいな。

スポンサーサイト

テーマ : 音楽的ひとりごと    ジャンル : 音楽

  « ジャック-ア-ダンディ / ザ・プレイヤーズ  サタデー・ナイト・フィーヴァー / オリジナル・サウンド・トラック »

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。