08 | 09  (2017) | 10
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
プロフィール

Headpad

Author:Headpad
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Category: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: シャンソン
モンマルトルからのラブレター / ザーズ その2。 と、「自然な立ち姿」のこと




imagesCA4NTAPV.jpg

別に曲がユニークなわけでもないし、唄が飛び抜けてハイテクニックなわけでもない。
もちろん美人さんだけど、抜群にどうこうというわけでもなく…。

彼女の魅力は「立ち姿」。
唄ってる「顔」。

存在の仕方。

もう、それが素敵です。
images2.jpg



唐突ではありますが、皆さんは「自分の照れてる顔」って好きですか?
私は大嫌い。
自分のやってることに対する「言い訳」を体現する「恥の表情」って本当に嫌です。
でも、毎日のようにそれをやってます。
「いやぁ、えへへ、すいませんね、どうも、年甲斐もなく、ねぇ…」みたいな顔。
自分の、やりたいことを、やりたいように、気持ちのままに、やればいいのに、しない。
で、照れ笑い。
最低。
…とわかっていても、照れ笑い。
やだなぁ、と思いながら、日々暮らしています。
社会人ってのはぁ、そういうもんだぁ!
ってのも言い訳。


Zazの動画を初めて見て感じたことは、「彼女はなんて自然に立ってるんだろう、自然に存在してるんだろう」ってことでした。

唄に嘘がない。
表情に嘘がない。
立ち姿に恥がない、照れがない。恥じるコトがない、照れる必要がない。

唄いたい唄を唄っているから。


なんて素敵なことだろうと思ったわけです。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽的ひとりごと    ジャンル : 音楽

  « 感情教育 / マキシム・ル・フォレスティエ  モンマルトルからのラブレター / ザーズ その1 »

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。