10 | 11  (2017) | 12
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
プロフィール

Headpad

Author:Headpad
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Category: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Soul,Blues&Disco
ベスト / ザ・ファースト・チョイス


Philly Golden Classics / The First Choice
2011年 106枚目 5/1購入
amazon 991円
累計支出 88204円
一枚当たり 832円

今年のGWは7連休をいただきました。
ま、うち2日ほどは仕事しましたが。
私の業種は、5月の連休がイチバンゆっくりと休みが取れます。
今年は会社の同僚の結婚式があったり、久々の面々との再会飲み会があったり、釣りに行ったり…。
まあまあ休めたかな。

さて、CD購入記録。
こーれーは、大当たり!
どストライク。
ジャケットのまんま、フィラデルフィアのダンス天国であります。

(1)「Armed And Extremely Dangerous」
米チャート28位、英16位。これはもう贅沢なアレンジで美メロでオシャレ・コードで厚い熱いストリングスでディスコでサビの2拍4拍のフロア・タムが響いてもう…。
タイトルは軍事用語をパロったのかな。「敵は武装している模様、きわめて危険なり!」みたいなことか。
邦題は「暁の非常線」だそうです。

(3)「One Step Away」泣いて踊るに最適。軽快シャッフル・ナンバー。作曲クレジットにトム・ベル。
(4)「Smarty Pants」米56位、英9位。ださ目のディスコ。
「スマーティ・パンツ」って何だ?「おしゃれズボン」か?
(5)「Newsy Neigbors」ちょっとB級な感じの、大好きなフィリー・ダンサー。イントロから腰砕け。
(7)「The Player」待ってました!のB級ディスコ。ハイハットのミックスレベルが無駄に高くて下品で、よい。
(8)「Guilty」これぞフィリー・ソウルのリズムとストリングス。そして泣きメロ。
(10)「Love Freeze」フリーソウルだとかレア・グルーヴとか言いたい人たちが好きそう。カッコよい。
(12)「All I Need Is Time」日本の歌謡曲にも通じる泣き落としスローの16ビート。
(13)「Guess What Marry Jones Did」ワン・パターンであってもこのディスコものはやめられんな。
(15)「Love And Happiness」アル・グリーンの名曲。さらりとしたアレンジで最高。ギターのオブリガードがまたイキなこと。勉強不足でだれが弾いてるのかわからんが、MFSBノーマン・ハリスってことか。
(16)「This Is The House」イントロの安っぽい感じが100点。本編歌メロとの関係が皆無。

どっぷりフィリー・ディスコ漬け。
満足、満足。
世界がフィリー・ソウルでできていればいいのに!
スポンサーサイト

テーマ : 音楽    ジャンル : 音楽

  « モンマルトルからのラブレター / ザーズ その1  追悼 フィービ・スノウ »

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。