10 | 11  (2017) | 12
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
プロフィール

Headpad

Author:Headpad
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Category: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 雑記
再び追悼・田中好子さん と、「物語欲」のこと。
「スーちゃんのお葬式」。
全然あわない。ピンと来ない。

ありえないなぁ…。

4a54d6d4.jpg




「物語欲」。
劇団・第三舞台の主宰者にして戯曲家、鴻上尚史の用いた言葉だ。

人間の根源的な三大欲求。食欲、性欲、睡眠欲。
食べなければ、異性と交わらなければ、眠らなければ、ヒトは生きていけない。
最低限の三つ。
鴻上氏はもうひとつ「物語欲」を付け加える。
物語を紡ぐことは、ヒトが生きる上で根源的な欲求だと。


ヒトにとっての最大の哀しみ。近親者・友人との死別。
人間は生命が途絶えたらタダの灰になる…。存在が無になる…。

「ヒト」が「ゼロ」になる。
それではあまりに虚しい。そんな辛く重く悲しい事実を受け入れられるほど人間は強くない。

例えば、
「パパは死んで天国に行くんだ。」
「息子は国のため立派に散り靖国に眠るんだ。」
「私ももうじき<そっち>に行くから待っててね。」

こんな「物語」が生き残った者たちの慰めになる。
私自身は信心の欠片もなく、無宗教でこれまで俗人の堕落を極めてきたが、近しいヒトの死に際してはきっと、無機的な唯物論を受け入れることはできないだろう。

その物語を軽んじてはいけない。馬鹿にしてはいけない。
誰もがその物語にすがるときが来る。

img_621005_6893261_0.jpg



スポンサーサイト

テーマ : 音楽的ひとりごと    ジャンル : 音楽

  « iPod Touchのバグのこと。  「英語公用語」は何が問題か / 鳥飼玖美子 »

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。