08 | 09  (2017) | 10
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
プロフィール

Headpad

Author:Headpad
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Category: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: J-Rock, Pop
BeVeci Calopueno / モーモールルギャバン




61NmhGo2TpL__AA115_.jpg
BeVeci Calopueno / モーモールルギャバン

待望のニューアルバム。(正確にはメジャー・ファースト作品)
盛りだくさん、色々詰め込んだ最新作。気合いっぱい。
発売直後に定価で新品で買うのは久しぶりだな。

インディー時代のアルバム「野口、久津川で爆死」があまりに衝撃的で大好きになってしまったので、前に7つ続けて記事を書いた。



(3)「Hello!! Mr.Coke-High」がシングル。
冒頭のパンキッシュな展開、70年代のプログレ的な色々詰め込み・サービス精神と妙にさわやかな後半の泣きアレンジへのなだれ込みはクセになる。
youtubeの公式PVをぜひ。


(6)「ワタシハワタシ」、昭和歌謡っぽくて泣ける。
(12)「rendez-vous」、おしゃれ。大曲。これは名曲になる予感。
(9)「パンティくわえたドラ猫の唄」、下品。
(13)「美沙子に捧げるラヴソング」は初回盤限定ボーナス。安田美沙子さんへの愛を非常にストレートに唄ったもの。


売れて欲しい。
このバンドは続いて欲しいぞ。
荒削りという人がいるかも知れんが、このアルバムはいいぞー。

オリコンチャートを調べると、本日付けで
この「BeVeci Calopueno」が最高27位。
この前のミニ・アルバム「クロなら結構です」が59位。
インディー時代の「野口、久津川で爆死」(大名作!)が295位だから、健闘してるぞ。

このまま続けてあと3枚くらい出せたら、名曲「ユキちゃん」を超える曲を世に送り出すことでしょう。
がんばってくれい。


2011年 97枚目
amazon 2381円
累計支出 78357円
一枚当たり 807円
スポンサーサイト

テーマ : 音楽    ジャンル : 音楽

  « 「ニュー・ベストナウ / 竹田和夫&クリエイション」と、ネット社会に潜む罠 のこと。  レディ・ソウル / アレサ・フランクリン »

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。