08 | 09  (2017) | 10
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
プロフィール

Headpad

Author:Headpad
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Category: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Soul,Blues&Disco
心の詞 / スティーヴィー・ワンダー
41BfaXDVd-L__AA115_.jpg
Music of My Mind / Stevie Wonder

1972年発表。
Wikipediaはホントに便利。チャートアクションまで載ってる。どなたかは存じ上げませんが編集された方、ご苦労様です。

「心の詞(Music of My mind)」ビルボード全米総合20位・R&Bチャートで6位。
同年に「トーキング・ブック」が全米総合3位・R&B1位
その後、1973年「インナーヴィジョンズ」が4位・1位
1974年「ファースト・フィナーレ」1位・1位
…んでもって、1976年に稀代の名作「キー・オブ・ライフ」1位・1位。

本アルバムは最盛期の一歩手前ってとこでしょうか。


全体にアレンジがシンプルで、1980年代以降の「心の愛(I Just Call to Say I Love You)」や「We Are The World」のようなToo-Much-Love-And-Peaceな感じがなく、ダイレクトにスティーヴィーの世界を感じることができま
す。ジャケも無骨な感じでいいやね。
もちろん、スティーヴィーの作品はすべて無条件で大好きだけれども。


(5)Happier Than The Morning Sun、ニック・デカロのカバーを先に聞いていると、シンプルなスティーヴィー・オリジナルがデモ・テープみたいに聞こえる。
(6)Girl Blue、この曲のイメージ・コード進行はこの後なにかの曲で生かされているはず。似ている曲がある。何だっけ?
(8)Keep On Runningがこのアルバムのハイライト。スティーヴィーのファンキー・クラヴィネット炸裂。ギターなんか不要。ずーっとこのリズムが続いてたらいいのに。


2011年 91枚目
BOOK-OFF 500円
累計支出 72476円
一枚当たり 796円
スポンサーサイト

テーマ : 音楽    ジャンル : 音楽

  « マイ・シェリー・アモール / スティーヴィー・ワンダー と、ぐるぐる回り続ける武道館のステージのこと。  オーケストリオン / パット・メセニー »

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。